【大学生にこそおすすめ】プログラミングとブログとTwitterを融合

プログラミング

大学時代の過ごし方で人生は大きく変わると思います。

大学生だった自分にアドバイスをしたいです。

では、大学時代にどんなことを頑張っておくと良いのでしょうか。

もちろん大学の講義をしっかり受けることも大切です。

大学の講義以外に、手に職をつけておくことが出来ると、将来大きく変わってくると考えます。

今の時代であれば「プログラミング」が一番おすすめだと考えます。

プログラミングを学びながら、ブログやTwitterで様子を発信していくことで、収入を得ることも可能だと考えます。

一度「プログラミング」について、じっくり調べてみてはどうでしょうか。

以下の記事では、プログラミングが出来るとどうなるのか、ブログ・Twitterを融合するとどうなるのかについて書いています。

社会人になると

社会人になってみないと分からないですが、

本当に時間がなくなります

「学生時代はなんて時間があったのだろう」と思うことになります。

朝起きて、仕事に行って、夜遅く帰って寝るだけ

社会人になるとこんな生活になってしまう人が多くいます。

お金は学生時代より余裕が出来ますが、とにかく時間がなくなってしまいます。

結論:社会人になってから習い事をするのは大変です

時間がある大学生のうちに

大学生の頃は、

お金がないからバイトしよ!

と考える人が多いのではないでしょうか。

私もバイトを3つ掛け持ちして、月10万円くらい稼いでいました。

月10万円稼げるってすげー!

って思っていましたが、社会人になるとお金はもっと稼げます。

働く時間(拘束時間)が違うので当たり前なんですけどね。。。

お金も重要ですが、時間も重要だと気がついたのは社会人になってからです。

大学で習うことで、社会人になってから通用することは少なかったです。(文系の経営学部で学びました)

しかし、大学卒業の資格はとても大切だと思っています。

たとえば、海外で働く時にはビザが必要となりますが、条件として「大学卒業資格」がないとダメということもあります。

そこで、大学の勉強をしながら、手に職をつけることを考えておくのが良いのではと思います。

もし大学生の自分にアドバイスが出来るのであれば、

バイトより手に職をつけておけ!

と言いたいです。

プログラミングが出来ると

大学生の自分に具体的にアドバイスをするのであれば、

プログラミングの勉強をしておけ!

と言います。

プログラミングが出来ると、会社に縛られず自分で仕事が出来るようになるからです。

プログラミングと言っても、色々な種類がありますので、どれを学ぶかを考える必要があります。

  • ゲームを作りたい
  • Webサイトを作りたい
  • AI分野で新しいシステムを作りたい

人それぞれやりたいことが違っていると思います。

もし大学生に戻れるのであれば、Webサイトを作るためのプログラミング(「HTML」「CSS」「PHP」「JavaScript」など)を勉強したいです。

ブログからの収入を得るようになり、「もっと自分好みのサイトを作れたら」と常々思っています。

時間がある大学生のうちに「プログラミング」の勉強をしておくと、就職するにしても、転職するにしても、独立するにしても有利になると思います。

プログラミングスクール【Tech Boost】

ブログからの収入

もうブログの時代は終わってる

と思っている人も多いと思います。

無料ブログが流行っていた時代から見ると、「ブログ」という言葉自体を目にすることは減っています。

しかし、ブログで稼ぐことは今の時代でも出来ていいます。

というか、無料ブログではなく「WordPress」を使ったブログが稼げている感じです。

「WordPress」を使ったブログの作成自体は、初心者でも簡単に出来ます。(私も1人で出来ました)

ただ、細かい部分の調整などは知識と技術がないと難しいです。

「WordPress」のテンプレートには、無料のものと有料のものがあり、有料のものであれば最初から多くの機能が実装されています。

それでも、「本当はここをこうしたいのに」と思うことがあります。

そんな時、プログラミングの知識と技術があればとつくづく思います。

もし知識と技術があったら、もっと稼げるようになっていたかもしれないと、昔の自分に伝えたいです。。。

Twitterの活用

もしプログラミングの学習を始め、ブログを開設するのであれば、一緒にTwitterも新しく始めることをおすすめします。

ブログを開設した最初の頃は、なかなか閲覧数(PV数)が増えません。

ここで挫折してしまう人が多いのですが、継続していると一気に閲覧数(PV数)が伸びてくることがあります。

そこまで継続することが出来ると、ブログからの収入も発生するようになってきます。

そこで、最初の頃はTwitterを活用し、ブログの宣伝をしていくと楽しいと思います。

また、他のブロガーの人と交流することで、一緒に頑張ることが出来たりもします。

今の時代、オンラインミーティングが簡単に出来るので、新しいつながりが出来ることもあります。

私もオンラインミーティングでブロガーさんとつながることが出来ました。(きっかけはTwitterです)

Instagramでもいいのですが、ブログとの連携だとTwitterの方がしやすいと個人的には考えています。

逆にInstagramの方がライバルが少ないので、新しい方法を考えることが出来れば、早い段階で収入が発生するかもしれませんね。

TwitterやInstagramも社会人になると時間的制約があるので、大学生の方が有利だと思いますよ。

自由な時間を手に入れる

プログラミングが出来るようになったり、ブログからの収入が発生するようになると、会社に入る必要がなくなってきます。

会社に入らずお金を稼ぐことが出来るようになると、自由な時間が手に入ります。

会社勤めの社会人からすると、

羨ましすぎる!!!

と思われることでしょう。

一度社会人になると、会社を辞めるにしても相当な勇気と労力がかかってしまいます。

たとえば、「会社を辞めてプログラミングの勉強をして、独立したとしても失敗したらどうしよう」と考えてしまうことでしょう。

それではあれば、就職する前にチャレンジしてしまえば良いことだと思います。

大学生のうちに色々チャレンジし、自由な時間を手に入れることが出来れば、その後の人生が大きく変わると思います。

まとめ

ブログを始めて10年以上が経ち、ようやく収入を得られるようになりました。

限られた時間の中でブログの更新をすることは、とても大変です。

それでも毎月定期的に収入が発生することは助かっています。

もし、もっと時間がある時に本格的にブログを始めてたらと思うことがあります。

ブログを始めるだけでなく、プログラミングの勉強もしていたら、もっと違う形で収入を得ることが出来るようになっていたかもしれません。

大学生の人は、社会人になる前に色々チャレンジして欲しいと思います。

私は限られた時間の中で、今以上に収入が増える方法を考えていきます。

ブログが軌道に乗ると、ある程度の収入が自然と発生するので頑張っていきたいと思います。

3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)