Canonのコンデジ「Power Shot SX620HS」を購入|今でも十分楽しめます

CanonSX620HS

2019年2月にCanonのコンデジ「Power Shot SX620HS」を購入しました。

カメラはNikonの「J5」を持っているのですが、ポケットに入るサイズのデジカメが欲しく、Canonの「Power Shot SX620HS」を購入してしまいました。

Canonの「Power Shot SX620HS」は発売日が2016年5月26日と、発売から3年近く経っていたので、性能面で少し心配でした。

しかし、実際使ってみると、今でも十分楽しめます。

今回はCanonの「Power Shot SX620HS」を購入してから2週間経ったので、そのレビューを書いてみたいと思います。

Canonの「Power Shot SX620HS」のサイズ

大きさ(幅・高さ・奥行き):96.9×56.9×27.9mm

重さ(バッテリー含む):約182g

Nikonの「J1」に比べ、格段に小さくて軽いです。

ジーパンのポケットに入れて外出することが出来るので、いつも持ち歩くことが出来ます。

今回デジカメを買おうと思った理由が、「ポケットに入れて持ち歩きたい」だったので、とても満足しています。

さらに、光学25倍ズームが搭載されているので、ある程度遠くの被写体を撮ることが出来るのも嬉しいです。

ちなみに、ブログレッシブファインズームを使うと50倍までズームが可能です。

最近のコンデジは小さくても性能が良いので、スマホのカメラ以上に撮る楽しみが増えますね。

Canonの「Power Shot SX620HS」のクリエイティブショットで撮った写真

まだそれほど多くCanonの「Power Shot SX620HS」で写真を撮っていませんので、細かい機能は分かりません。

ただ、「クリエイティブショット」を使って感動しました。

「クリエイティブショット」とは、簡単に説明すると、1回シャッターを押すと自動で「構図」「光・色」をカメラが変えて自動で6種類の写真を撮ってくれる機能です。

言葉で説明するよりも、実査に「クリエイティブショット」で撮った写真を見てもらった方が早いと思います。

1枚目

クリエイティブショット猫01


2枚目

クリエイティブショット猫02


3枚目

クリエイティブショット猫03


4枚目

クリエイティブショット猫04


5枚目

クリエイティブショット猫05


6枚目

クリエイティブショット猫06


最後(6枚目)の写真が元になって、「構図」「光・色」をカメラが自動で変えてくれているのでしょう。

この「クリエイティブショット」だけでも、Canonの「Power Shot SX620HS」を買って良かったと思っています。

これから設定をいじりながら、色々と撮っていきたいと思います。

Canonの「Power Shot SX620HS」の値段

私は2万円くらいでCanonの「Power Shot SX620HS」を購入しました。

今日ネットで調べてみると「価格コム」で最安値が18,256円となっていました。

購入するタイミングにより、若干値段は上下するかもしれません。

それでも、楽しく写真が撮れているので満足しています。

旅行などで写真を撮るときはNikonの「J5」は持っていき、普段の生活ではCanonの「Power Shot SX620HS」を持ち歩くといったように、デジカメの使い分けをしていこうと思います。

Canonの「Power Shot SX620HS」の小ささと軽さになれてしまうと、Nikonの「J5」の出番は減ってしまいそうです。

関連記事ミラーレス一眼レフ(Nikon1 J5)で撮った写真

まとめ

まだ使い始めて2週間程度なので、Canonの「Power Shot SX620HS」を使いこなせているレベルではありません。

それでも、手軽に綺麗な写真を撮ることが出来ています。

特に「クリエイティブショット」を使うと、思ってもなかった写真が撮れるので、撮ることが楽しくなります。

ブログ用にと思って買ったCanonの「Power Shot SX620HS」ですが、普段使いでも十分楽しむことが出来ています。

これから細かい設定を確認し、更に使い込んでいこうと思います。

今後、新しい発見などがあれば、この記事を更新していきます。

これからも『ブログです』をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)