使わないと忘れてしまうので、タイ語の勉強中

タイ語(ภาษาไทย)

タイのバンコクに住んでいた時は、嫌でも毎日タイ語を使っていました。

仕事もタイ語でしたし、街中での買い物や食事もタイ語が殆どでした。

唯一、日本語で話すことが出来たのが、日本料理屋さんです。

日本料理屋に行くと、ほっとするのは日本語を話すことが出来たからだと思います。

それに、日本料理屋さんには、日本語の新聞や雑誌、マンガが置いてあったので、タイ語から離れることが出来ました。

帰国してからタイ語を使うことが殆ど無くなりました。

たまにタイ人の知り合いでSkypeを使って話をすることがありますが、タイ語が全く出なくなっています。

タイ人の知り合いからも、「タイ語が下手になったね」と言われる始末です。

そこで、ちょっと気合を入れてタイ語の勉強をし直そうと思います。

タイ語の勉強に使う本

タイ語の勉強をするために使っている本は、「旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] (ここ以外のどこかへ)」だけです。

私がタイ語を話せるようになったのも、この本のおかげです。

タイ語の勉強を独学でしていた頃、何冊か本を購入しましたが、「指差し会話帳」以外は殆ど使いませんでした。

今回も「指差し会話帳」を使って勉強をしています。

勉強の仕方は、いたってシンプルで「単語」を覚えるだけです。

とにかく単語数が増えれば、相手の言っていることも分かりますし、こちらの言いたいことも伝わるようになります。

文法でおかしなところがあれば、タイ人が指摘してくれるので、自分ではあまり勉強する必要はないと思います。

ただ、決まり文句だけは覚えておくと便利です。

タイへ旅行に行く人へ

タイへ旅行に行く予定がある人は、絶対「旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] (ここ以外のどこかへ)」を持っていくことをおすすめします。

理由は、少しでもタイ語が分かると、旅行が倍以上楽しくなるからです。

お土産を買う時やレストランで注文をする時に非常に役立ちます。

日本でタイ語を覚える時間が無い場合、どのページにどんな単語が出ているかだけでも覚えておくと、現地でパッと使うことが出来るようになります。

よく使うページに付箋を貼っておくのも良いでしょう。

タイ語の本のおすすめ3冊

私が使って役に立った本を3冊紹介したいと思います。

  1. イラスト付きでタイ人にウケます
  2. シチュエーションごとに使える単語が掲載されています
  3. 巻末の発音についての説明が分かりやすいです
  1. 注文が簡単に出来ます
  2. 珍しい料理を食べることが出来たりします
  1. 聞いた音から意味を調べることが出来、便利です
  2. びっくりするくらい、音から単語が引けます

関連記事タイ語を独学で勉強するのにおすすめのテキスト4冊を紹介

タイのラジオを聞く

タイ語の単語の勉強は本を使ってすることが出来ます。

いくら単語を覚えても、難関が立ちはだかっています。

それは、「発音」です。

タイ人が話すタイ語を聞いて、どの単語か分からないと、いくらタイ語を覚えても意味が分かりません。

そこで、空いている時間やブログを書いている時に、タイのラジオを聞くようにしています。

ネットでタイのラジオを聞くことが出来るので、特に費用がかかるわけではありません。

さすがにニュースは専門用語はあったりして意味が分かりませんが、中には知っている単語が出て来ることもあります。

音楽の放送局もあるので、その時の気分で色々と聞いてみると楽しいと思います。

参考 タイのインターネットラジオココホレ!タイランド

Skypeを使って会話の練習

タイ語の単語を覚えたり、タイのラジオを聞いたりして勉強した知識を日本にいながら使いたくなります。

そこで、Skypeを使って知り合いのタイ人に連絡を取ることがあります。

もちろんLINEでも構わないのですが、私が仲良くしているタイ人はスマホを使っていないので、携帯電話に連絡をする必要があります。

そのため、Skypeの電話機能を使って、携帯に連絡をしています。

日本との時差が2時間しかないので、時間帯はあまり気にせず連絡出来るのが嬉しいですね。

ドイツですと、時差が夏場で7時間、冬場だと8時間もあるので、気をつけないと相手が寝ている可能性もあります。

Skypeの電話機能を使うととても安くタイに電話をかけることが出来ます。

ただ、気を付けないと不正ログインに遭い、大変なことになってしまうので、注意が必要です。

不正アクセス Skypeのアカウントに不正アクセスされカードを使われました

LINEを使ってタイ語を勉強する

最近は多くのタイ人がLINEを使っています。

SkypeよりLINEの方が主流ですね。

タイ人の知り合いが出来たらLINEの交換をするのが良いと思います。

気軽にLINEの交換に応じてくれると思います。

問題点として、タイ人の多くは日本語が読めません。

逆に私達はタイ語が読めないと思います。

そこで、スタンプで会話をし、相手と自分が同じ時間にLINEを開いているときに、通話をすると良いでしょう。

実際に会って話をするよりも難易度が上がりますが、タイ語の勉強になると思います。

最後に

久しぶりにタイ語の勉強をしています。

今日もブログを書きながらタイのラジオを聞いていました。

正直なところ、半分も意味が分かりませんでした。

聞いたことがある単語でも、意味を完全に忘れてしまっているものが多いように感じました。

毎日少しずつタイ語の勉強をしていき、タイに行くまでに勘を取り戻したいと思います。

これからも『ブログです』を宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)